Windows Server 2008 R2 ブートマネージャが増えてしまう

少し前の話。



ドはまりだった。


ソフトウエアRAID構成の Windows Server 2008 R2。


Windows Update 通知が来たので、適用→再起動。


という一連の作業をいつも通り「リモート」で行った。



HPのサーバは起動までにまあ2~3分ぐらいかかる。



しかし、5分、10分立ってもpingが応答なし。。。






何かあったなこりゃあ!!







データセンタまで約50分の道のりを車を飛ばす。。。


その間に、お客様に連絡。


RAIDがぶっ壊れているわけではないと思います!


とか、


バックアップから復元は可能? >> DBのデータしかとっていないですよ!


とか、、、

会社のサーバ管理者さんに先に行ってもらって車の中からサーバのモニタ状況を連絡を受けてみると・・・




Windowsブートマネージャ



の画面が出ているとか。






Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

頭が真っ白になる。







WindowsのCDを手に取りデータセンターへ。。。




メッセージ通り Windows Server 2008 R2 のDISCから起動しようとするができないし。

何回リブートしても一緒。




「Windows ブート マネージャー」でパソコンが起動しないときの対処法


残念ながら参考にはなりませんでした。

「システム回復オプション」画面が表示されディスクの検索がはじまります。

が・・・

OSが表示されませんでした。。。








その時の解決策は

・一度電源OFF
 →NG

・HDDのメインが死んだか障害発生と予想
 片肺にして起動



→ Windows Boot!!!




イベントログを見ると、Smart情報でもうすぐ壊れるよ的なメッセージが・・・


という事で新しいHDDを入れて再度RAID処理。


やっと終わった~

と思ったのがAM3時。


で、最後に次回のWindowsUpdateのために、もう一度再起動のテストを・・・




またも

Windowsブートマネージャ

の画面が!!!


しかも今度はメニューが増えてる!!




Windows Server 2008 R2
Windows Server 2008 R2 - セカンダリ プレックス
Windows Server 2008 R2 - セカンダリ プレックス
Windows Server 2008 R2 - セカンダリ プレックス - セカンダリ プレックス
Windows Server 2008 R2 - セカンダリ プレックス - セカンダリ プレックス


ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?







( ̄□ ̄;)ハッ! と思いだす。



前にもあったゾ!



と思って、、、2番目の

Windows Server 2008 R2 - セカンダリ プレックス

を選択したら、、、





bootした。







で、もう一度再起動すると・・・



やっぱり

Windowsブートマネージャ


これでは、再起動できない。



で、もう一度思い出した。




これを設定する箇所がOS上にあったな、と。

既存のオペレーティングシステムの選択画面




この日はこれを設定して撤収。。。






この後しばらくして、このことだとわかる。


機械語翻訳だとこう。

OS は、完全な回復を実行すると、Windows Server 2008 R2 を再起動したときに、エラー メッセージ:「Windows 開始できませんでした。ステータス: 0xc000000e」

原文:
Error message when you restart Windows Server 2008 R2 after you perform a full OS recovery: “Windows failed to start. Status: 0xc000000e”



まだ試してはいないが、確かに・・・


Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier {bootmgr}
device unknown
description Windows Boot Manager
locale ja-JP
inherit {globalsettings}
default {current}
resumeobject {******}
displayorder {******}
{current}
{******}
{******}
{******}
toolsdisplayorder {memdiag}
timeout 20

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier {******}
device unknown
path \Windows\system32\winload.exe
description Windows Server 2008 R2
locale ja-JP
inherit {bootloadersettings}
recoverysequence {******}
recoveryenabled Yes
osdevice unknown
systemroot \Windows
resumeobject {******}
nx OptOut



方法として示されている下記のことをやればいいのはわかった・・・

6.Run the following three commands to correct the settings, and then restart the computer:
bcdedit /set {default} device partition=c:
bcdedit /set {default} osdevice partition=c:
bcdedit /set {bootmgr} device partition=c:

{default}だと、現在ぶっ壊れているに{current}のものが対応するみたいだ。。。


だが、、、



コワい~~~




「EasyBCD」を使って

bcdedit /set {default} device partition=c:
bcdedit /set {default} osdevice partition=c:

と同じことはGUIからセットできた。

しかし
bcdedit /set {bootmgr} device partition=c:
はコマンドラインからのみののようだ。


「今必要のないことはいじらない」

が鉄則なので、そのままにしておこう^^;;








他の参考資料


bcdeditでVista/Windows Server 2008のブートOSメニューを変更する

EasyBCDを使ってWindowsのブート情報(BCDストア)をGUIで編集する


関連記事
スポンサーサイト